ねこちゃるな日々

てんちゃん の こと ^o^


久しぶりの てんちゃん 登場( ^ω^ )

2017,9月に 保護した てんちゃん^ ^




順調に 大きくなり、




ねこちゃるスタッフと、仲良く 遊んだりして過ごしていたのですが。。。








一歳になったくらいで、急に、大きな猫(はっちゃんや、マロン)を怖がるようになり、、




マロン。



はっちゃん。


他のスタッフも遊んでいるつもりでも、てんちゃんが、かなり怯える日が続き。

様子を見ながら、スタッフと夜は、別にしてみたり。。






でも、大きな猫スタッフに、追いかけられると、

おしっこやうんち を 怖くて漏らしたりすることが 多くなったので、環境を変える事にしました(>人<;)

急に、こんな事になったので、私も 不思議で、



私の都合の良い推測では、、外で彷徨ってた時に、大きな猫と遭遇して 怖い思いをしたトラウマからきてるのでは。。なんて。。。




※ てんちゃんは、極度の緊張やストレスを感じると うんちを漏らします。病院でも必ず 診察台で、やらかします(>人<;)







この時から、てんちゃんにも、心のケアをすべく バッチフラワー レメディを使っていました。








でも、なかなか 状況は良くならず、
てんちゃんも、上の方ばかり居て下に降りて遊ぶ事がなくなってきました。。
小さな時は、無邪気に遊んだり、寒い時には、みんなと一緒に寝てたのに、それもしなくなり、



私も、てんちゃんをどうしたらいいか、いろいろ考えました。




バッチフラワーレメディーを使うにあたっては、

動物福祉の点から問題をさぐり その子の環境が守られた上でのレメディーの使用となります。。

なので、
まずは、環境を変えてあげる事が一番だと思い、
おうちへ 移動しました( ^ω^ )


しかし、おうちにも、大きなオス猫2匹に、優しいメス猫。気の強いメス猫がいましたが、、、



不安(>人<;)しかなかったですが、



まぁ、少々の 縄張り争いの小競り合いはありますが、

初対面も 問題なく。



てんちゃんも、バッチフラワーレメディの作用か、心が強くなった気がします。




今現在、おうちに移動して、1年近くなりますが、なんとか共存しております( ^ω^ )




大きな猫にも、追い詰められる時もありますが、うんちも 漏らす事なく、臨機応変に対応してます。



まだ、何かに怯えたりしますが、 なんとか

落ち着きました。。





おうちでの様子^o^





リモコンも 使えるようになりました!



やはり、一匹一匹いろんな環境を経て ここ(ねこちゃる)で、共存しているわけで、


人間に対するトラウマや、音に対するトラウマ。それこそ、猫や、カラスに襲われた トラウマ。




きっと抱えている 猫ちゃんが多いのではないか?
と 考える キッカケになった、てんちゃんの 事象 でした!




多頭飼育 保護猫 あるあるですねーっ。




毎回いろんな 課題が やってきますね(>人<;)


保護した後も、

ちゃんと 猫をケアして、

保護されて良かった!と思ってほしいですし、

楽しい猫ライフを送ってほしいと思っています( ^ω^ )



※ てんちゃん への レメディ select ※

ラーチ (自信をもてるように)

ロックローズ (恐怖、パニック)

スターオブベツレヘム( トラウマ)
ウォルト(環境の変化に)

  • 2019.05.09 Thursday
  • 14:05