Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

ねこちゃるな日々

。。。命日。。。

もう 一年かぁ。。。



一年前の 9月12日 ライ君が 静かに息を引き取りました。。
2歳12ヶ月でした。。

未だに、心の整理もつかず、受け入れられてないのだなぁと、自分でも思っています。思い出すのも、口に出すのも 。。辛すぎて。




あんなに、可愛いらしいライが。。こんなに早く。3歳にもしてあげられなかった自分の未熟さが、本当にイヤで仕方なかった。




ライは、千葉の スコティッシュのブリーダーさんの所から、引き取った5匹のうちの1匹でした。

他の4匹には、毛があったけど、ライには、無かった。。。

皮膚しかないくらいに、顔以外の毛を剃られていた。

そして、下半身と手足には、赤い発疹が沢山あった。


関節が痛いのか、後ろ足も。少し変形してて、歩き方もおかしかった。

それと、血尿もでていた。。
でも、可愛いい顔をしていて、とても穏やかな子で、ご飯をいっぱい食べるげんきな子だった。


病院に連れて行き、みんなと隔離して、3日に一回 全身シャンプーをした。

赤い発疹は、原因が分からず、それと合わせて培養検査すると少し真菌がいた。。



ねこちゃるも、オープンしたばかり、家族みんな、忙しくてクタクタでも、母と、旦那さんと一緒に、ライのシャンプーをした。

ライも、ストレスだったと思うけど、頑張った。隔離期間も終わり。。

次は、結石の手術をした。。大きな石があった。






術後の経過も良く、元気いっぱいになり、ご飯も良く食べてくれて、

ねこちゃるのスタッフと、数ヶ月遅れで合流した。






何事もない月日が流れていたのに、、、
年が明けて、少し くしゃみをしてたライ。お薬を飲んで。。治ったのだけど、
きっと、この辺りから ライは、しんどかったんじゃないかなぁと思う。


私も、いつものライのようで気にもせずに。夏になって、、食欲が落ちたのが気になって、気にしてご飯タイムは ライの様子を見ていた。。







好き嫌いもないコなのに、食べるのを躊躇しだした。なんだか、食べたくても食べれない感じ。


ちゅーるは、やはり大好きで食べる。でも、歯がボリボリと音がなる。

なんだ?と思って病院で口内をみても異常はない。


だんだん 体重も落ち 痩せっぽちになった。
その間、病院にも、定休日ごとに通っていた。でも、原因がわからないと。。。




原因がわからないと、何も出来ない。。
辛かった。でも食べて欲しくて強制給餌をしても、最後の方は、力づくで嫌がった。。
ちゅーるも食べなくなった。

亡くなる一週間前にまた 病院に行った。やはり、わからない。体重減のため。血も少なくなり、違う病気を併発して 、危ないと言われた。。。



その時、もう病院に行くのは、やめて家に ライを連れて帰った。。


小さくなった身体に毎週のように、注射針が入るのが可哀想で。。

最後の病院の帰り ほっそりしたライが、か細く鳴いた。。

“もう検査は、やめてよ〜、注射痛いよ〜”って言ってる気がした。






しばらくの間、家でライは、自由に過ごした。。




ヨロヨロした足で、二階にも上がったり降りたり。少し遊んだり。

私が、帰ってくると、大きな声で鳴いて迎えてくれた。。


ライは、きっと 自分の死も受け入れて 最後の日まで 立派に生きてた。


息を引き取った日は、ねこちゃる定休日だった。でも、夜のご飯タイムで 私と家族は、店にいた。





家に帰った時も、ライは、ニャーと鳴いて、お迎えに来てくれて、その後、ヨロヨロとおトイレで用をたした。。


その後、パタっと、横に倒れてしまった。

そこから、ずっと。。起き上がる事も出来ない。

ライの死が近いのも分かり。” もう頑張らなくていいよ”と声を掛けたり、身体さすったり。
ライは、痙攣などもなく、静かに呼吸している。ライ君らしい、穏やかな最期だった。


家族揃って、見送る事が出来たのは、ライが “1人は、イヤだよ!そばに居てよ”って思ってたのか。
お店から、帰るまで、待っててくれたのだと思う。


呼吸が止まる前に、3回大きく鳴いた!

ライ。何?


何を言いたかったのかな。。


ニャー! “ ありがとう〜”

ニャー! “ また、会おうね!バイバイ”

ニャー! “ ココに来て良かったよ!”

なのか。。

ニャー! “ まだまだ生きたかったよ”

ニャー! “ 一人は、さみしいよ〜 “

ニャー! “お腹すいたよ “

なのか。。前者であってほしいけど。。

やはり、ライをなくしたばかりの時は、
ライは、もっと生きたかったように思えてならなかった。。


ここには、書ききれない、 後悔しかない。反省しかない。。ごめんね。ライ。




猫を保護したい なんて カッコつけて、言ってる自分が、
毎日ネットを開いて ライに似た、スコティッシュを探している。。
どこを探しても 似てる子なんていなかった。。

唯一無二なのに。。

でも、アホなことしてる自分がしばらくいた。。辛かった。。


病気の事も調べるも、わからない。

原因がストレスなのか。。
スコティッシュ特有の病気の関節炎の影響からなのか。

結石の手術が悪かったのか。。

いろんなことも 疑うしかなかった。。
自分を納得させるために。ライの死を受け入れるために。。


ライが亡くなった次の日、朝早く ねこちゃるのスタッフにお別れを言いに、お店に行った。。。みんな。。分かってるのか??入れ替わり立ち代り、みんながライ の 安らかな可愛い 顔を 覗き込んでいる。

中でも、ロゼ君は 何度も顔をのぞいた。。 ロゼは、ライと一緒に千葉からココに来たもんね。。

ロゼにも、ごめんね。という気持ちでいっぱいだった。




営業後に、

真っ暗な中 ライを 火葬する為、あさひ動物霊園さんに向かった。
初めての場所、道のりが遠くて。。


ほんとに真っ暗な中、一匹の白茶の猫ちゃんが、迎え入れてくれた。

なんだか、待ってたのかと思ったくらい。坂を登る手前に ちょこっと座ってた。

なんだか、ホッとした。。悲しみがすっと消えた。

火葬場についても、冷静でいられた。
そして、家族と 一緒に、笑顔で、見送ることができた。


お腹すいているライに、ご飯やおやつ。
おもちゃも ちゃんと持たせて。。


帰り道にも、まだ あの猫ちゃんは、ちょこんと座ってこっちを向いてた。。


ライを 失くした 2日後 テレビ撮影があったりと、ライに “笑顔やで!”と言われてるかのように、

バタバタと忙しくなった。。
でも、考える時間があれば ライを想って涙が溢れて仕方なかった。。



49日に遺骨は、まだ家にあるが、また、あさひ動物霊園さんに、足を運んだ。
あそこに行くと なんだか ホッとする。
死に対しても、冷静に受け入れられる場所。暖かい場所。。







私には、ねこちゃるスタッフ含め沢山の家族がいます!今回は、凄く助けられました。みんなありがとう!

ライ 、こんな無力な私でごめんね。。
痛かったよね?辛かったよね?ごめんね。。

ライの成長がみたかった!

もっと幸せにしたかった!

まだまだ、お別れは、したくなかった!
でも、私の元に来てくれてほんとうに、ありがとう!!短い時間だったけど、沢山の思い出もありがとう!

いつまでも 家族!これからも!



私がこれから、沢山の幸せな猫達を送り出すから、虹の橋でみんなの事 待っててね!










※ 今回のブログは、私個人の 心の整理の為に書きました。
ライの事、忘れないために。

ライの死で、自分がどうしていきたいのかも、ハッキリした気がします。

私は、これから先も 猫と共にです。




ライの事を思って 祭壇を作りました。。 毎日 ライの顔が見れるので、もう辛くなくなりました、今も ねこちゃるスタッフと 一緒に ココに居ると思います。。







ライの死の ご報告が遅れましたこと、ねこちゃるのスタッフが好きで 遊びに来て下さっているお客様、申し訳ございませんでしたm(__)m


そして、

一年前の今日、ライ君の事で一緒に、 涙を流して下さった お客様 ありがとうござましたm(__)m
あの時は、ほんとに辛すぎて、思い出すたびに 涙が溢れてきてました。。



ライを無くして、ちょうど一週間目の定休日に、 偶然 カリカリのてんちゃんに 出会いました。。


ライ。ほんとにありがとう。
また、逢いたいなぁ。

まだまだ、あなたを想うと 涙があふれます。。


やすらかに。。。






  • 2018.09.12 Wednesday
  • 20:10